カンジダ性包皮炎の薬はドラッグストアでは買えない、が・・・

カンジダ症になったとき、身近で購入できる場所と言えばドラッグストアや薬局を思い浮かべると思います。

 

薬局

 

ドラッグストアや薬局には数多くの薬が並んでおり、様々な症状に対しての商品が並んでいます。

 

では、男性が発症するカンジダ性亀頭包皮炎に効果がある薬は販売されているのでしょうか?

 

実は「販売されていない」のです。

 

※女性用は販売されています(再発用)。

 

海外では普通に販売されているいのですが、どういうワケか日本では販売されていません。

 

日本では比較的カンジダ性亀頭包皮炎になる人が少ないのか、それても何か別の理由があるのかはわかりませんが、現在のところ海外のようにドラッグストアなどでは購入できません。

 

そのため、カンジダ症になったときは病院で診察してもらい、その後に軟膏(真菌用)を処方してもらう必要があります。

 

カンジダは真菌といわれるカビの一種で、普通の軟膏では治療することが出来ません。

 

むしろ、真菌に効果のない軟膏を塗ると雑菌が死滅して、かえって性器カンジダ症が酷くなるケースがあります。

 

通常はカンジダ菌と雑菌などが睨み合っているので発症しないのですが、このバランスが傾いたときに性器カンジダ症になります。

 

僕の場合、風邪で体が弱っていて抗生物質を飲んで細菌が死滅していたのが原因だと思いますが、とにかく、このバランスが壊れることが発症する原因です。

 

話を戻しますが、ドラッグストアや薬局では男性のカンジダ症を治療する薬は販売されていません。

 

ただ、自己責任とはなりますが、ラミシールATクリームという水虫やいんきんたむし用の軟膏がドラッグストアなどに販売されています。

 

この中に含まれている成分に真菌であるカンジダ菌を退治する成分が入っていますので、効果はあります。

 

というか、私はこのラミシールATクリームをドラッグストアで購入しましたから・・・。

 

ですが、性器用に作られている軟膏ではないため、安全面などを考えると、病院で見てもらってからキチンと処方してもらうことをオススメします。

 

それでも自宅で考えられている方は、ロテュミリンAFという海外製のカンジダ用の軟膏も販売されていますので、そちらの利用をオススメします。

 

下記に紹介しておきますので、自宅でカンジタ性亀頭包皮炎を治療されたい方はご覧くださいませ。

 

⇒自宅でカンジダ性包皮炎を治療する方はこちら