性病扱いされるカンジダ症

カンジダは性病(STD)であると書かれているサイトは多いですよね。

 

僕も彼女に性病を疑われて大喧嘩しましたから、男性がカンジダになった場合、「カンジダ=性病」という認識が一般的な考えになっているのかもしれません。

 

喧嘩

 

ですが、カンジダは性病(STD)なのでしょうか?

 

それについて書きたいと思います。

 

当サイトでは何度も紹介していますが、カンジダは人間がもっている常在菌です。

 

常在菌はカンジダ以外にも数え切れないほどあり、人間はその中で生活しています。

 

カンジダは普段は細菌とバランスよく保っているいため、何も悪いことはしません。

 

ところが、このバランスが崩れたときに性器カンジダ症などが発症します。

 

バランス

 

このバランスが崩れる原因の1つとして「性行為」が挙げられ、彼女が膣カンジダであったり、フェラやオナニーなどで自身のペニスに傷が付いたときなどにカンジダ性亀頭包皮炎になりやすくなります。

 

※傷ついた箇所にカンジダ菌が増殖しやすいため

 

これだけを見ると、確かに性行為があるのですから性病(STD)と言われても、納得できると思います。

 

ただ、これ以外にもカンジダになる原因があり、それが「免疫力の低下」です。

 

特に風邪などを引いたときに病院で抗生物質をもらうと思いますが、この抗生物質は体の中の細菌を殺してしまうので、細菌ではないカンジダ菌(真菌)にとって天国になってしまうわけです。

 

 

もちろん、カンジダ性亀頭包皮炎は仮性包茎・包茎の方が圧倒的に多いです。

 

先ほども書きましたが、普段は細菌とカンジダ菌はバランスよく保っています。

 

ところが、抗生物質で細菌は死滅してしまい、さらに包茎で常に包皮が被っている状態だと、カンジダ菌が好むジメジメして敵のいない状態を作り出してしまいます。

 

抗生物質

 

その結果、性行為がなくてもカンジダ性亀頭包皮炎を発症します。

 

要は病気と同じで、体が弱っているときは免疫力が落ちているので、普段は何ともない弱い菌でも、体が対抗することができず、その結果、色々な病気になるわけです。

 

つまり、男性の「カンジダ=性病」という考えは間違いであり、人間が普段もっている常在菌なので、性病に含むのはおかしいです。

 

「誰もが起こりうる性器にできる病気」というのが、正しい考え方なのではないかと僕は思います。

 

関連記事
カンジダ性亀頭包皮炎の予防と市販薬
カンジダ性包皮炎の治療中の性行為について