健康な男性なら気になる性行為について

カンジダ性亀頭包皮炎になると、性行為(オナニー含む)はOKなのか気になりますよね。

 

僕は真っ先に気になっちゃいました。

 

1週間とか2週間くらいの我慢なら出来ますが、カンジダ性亀頭包皮炎が完治するまでとなると、2ヶ月間は最低我慢する必要があります。

 

そんなの、僕には耐えられません!!

 

僕の場合、性病科に通っていたので、ものすごく恥ずかしかったですが、そのことを医師に聞いてみました。

 

すると、「全然かまわない」という返事をいただきました。

 

理由はカンジダ菌は人間にいる常在菌であり、女性の膣にはカンジダ菌はおり、相手に移すことはないから安心して大丈夫と言われました。

 

ただ、ペニスには凄い量の白いチンカスがとってもとってもスグに出てくるし、臭いも出るので、相手のことを考えると治るまで我慢するか、オーラルセックスは控えたほうがよいと言われました。

 

僕もその通りだと思い、その期間は我慢することにしました。

 

その代わりマスターベーションはOKなので、それほど気になりませんでしたが。

 

ただ、気をつけないといけないのは、オナニーするときは考えないといけないこと。

 

カンジダ性亀頭包皮炎を治療する軟膏(真菌用)を塗っているワケですから、オナニーして出た精液を放置するのはよくないはず。

 

擦っても白いカスが出ますから、より臭いが強烈になりますし、拭きとってもペニスや皮膚についています。

 

汚い環境は悪化のおそれもあります。

 

なので、お風呂に入る前に抜いて、その後お風呂でキレイにして軟膏を塗る、というのがオススメです。

 

カンジダ性亀頭包皮炎中でもセックス(性行為)は問題ないのですが、パートナーのことを考えると、この辺りはどう捉えるかですね。

 

とりあえずもう一度書きますが、「カンジダ性亀頭包皮炎でも性行為はOK」と医師に言われたので、これを解答とさせていただきます。

 

■オススメの記事
カンジダ性亀頭包皮炎は自然治癒できるのか?